総務省のせいでスマホが売れずに街の携帯ショップが続々閉店!!

スマホが売れずに続々閉店… 疲弊する「携帯ショップ」の実情(マネーポストWEB) – Yahoo!ニュース

 総務省が発表した平成30年の『情報通信白書』によれば、個人のスマートフォン保有率は過去最高となる84%を記録。ただこれは前年の83.6%とほぼ変わらず、横ばいの状態が続いているともいえる。また、移動体通信・IT分野専門の調査会社MCAが今年2月に発表した「キャリアショップ」に関する調査によれば、大手キャリア系列のショップ数は8341店舗。2018年5月に実施した前回調査と比較し、9か月間で168店舗減少している。

 大手通信キャリアで携帯ショップの統括をするA氏は、スマホがかつてのように売れなくなっていると話す。

 通信キャリアの名前を冠した携帯ショップのほとんどは、代理店が展開するフランチャイズ。端末の販売や新規回線の獲得、機種変更などで生じる「販売インセンティブ」や、回線の契約が継続される限り支払われる「継続インセンティブ」がショップの売上となる。

~(略)~

続きはソースで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00000001-moneypost-bus_all

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする