介護士「勤続14年目の正社員で毎日12時間働いて月給20万円です」

1 :名無しの公務員 2019/04/09(火) 18:06:34.04 ID:6Pk2iFbka● BE:304868982-2BP(2000) 

正社員なのに低賃金層拡大 何年勤めても給料上がらない
2019年4月9日 07時03分

「この業界では、寿退社の意味が普通と違います」。さいたま市の介護事業所で正社員のケアマネジャーとして働く女性(54)は言う。
通常は結婚を機に、女性が育児に専念するなどで退社する意味。だが、介護業界では、結婚や出産でお金がかかるようになると、男性も女性も収入増を求め転職していく。
「それほど給料は低く、ずっと上がりません」

女性が五年間の給与明細を取り出した。四年前の月額二十三万円が今は二十万円にむしろ減っている。
人を支える仕事がしたいと、資格を取って働いてきた。介護士ら約二十人を束ねる責任者として午前九時から午後九時まで毎日十二時間働く。
十四年目になるが、定期昇給制度はなく、技能向上も反映されない。やりがい重視で低賃金に耐えてきたが、「これほど上がらないとは」。周りの人は次々辞めていく。「やりがいだけでは限界がある」
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019040990070308.html

2 :名無しの公務員 2019/04/09(火) 18:07:23.85 ID:UBa9ZXO40

一日12時間働き通しで疲れ果てていた

引用元 https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1554800794/

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする