【急げ】おっさんに朗報!乳酸菌に老化抑制作用!農水省発表だからマジ!

乳酸菌H61株の老化抑制作用の実証

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所は乳酸菌を利用した老化予防製品開発のために
老化抑制作用を実証する研究を行いました。マウスに乳酸菌H61株を与えたところ
老化による皮膚の潰瘍の防止、骨密度の低下を抑制する効果があることが証明されました。

~(略)~

老化抑制作用を示した乳酸菌H61株
実験に使われたのは、通常のマウスに比べて早期に老化症状を示し短寿命の老化促進モデルマウス(以下SAM)。与えられた乳酸菌は畜産試験場(当時)で約半世紀前に、市販のチーズスターター(乳の発酵をスタートさせるもの)からの分離に成功した乳酸菌H61株。研究結果を製品化につなげることも視野に入れ、免疫機能を活発化する作用を持ち、安全性も高く、また、この乳酸菌を利用した発酵乳は味も良いということから乳酸菌H61株が選ばれました。

「SAMには老化の進行により老化※アミロイド症、老年性骨粗鬆症、学習・記憶障害などを発症するものがあります。老年性骨粗鬆症を発症するSAMに乳酸菌H61株を食べさせ、骨密度とマウスの肌状態を調べました。その結果マウスには、老化による脱毛や骨密度の減少、潰瘍の発生が抑制されたことが確認されました」

この実験で注目したいのは、乳酸菌H61株をマウスの老化が始まった時期から与えたにもかかわらず、老化抑制作用があったということです。人に例えると中年以降から乳酸菌H61株を食べ始めても、効果が期待できるかもしれないのです。

~(略)~

MAFF TOPICS(3):農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1009/mf_news_03.html

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする