【悲報】セールで買えばコスパ抜群のユニクロの「シームレスダウン」、一部クリーニング店で受け付け拒否されてしまう

圧着式ダウンは「時限爆弾」? クリーニング店拒むわけ – ライブドアニュース

 生地を糸で縫いあわせる代わりに合成樹脂で圧着したダウンが人気だ。

 すっきりしたシルエットが特徴だが、「圧着部分がはがれる」として、ユニクロなど一部メーカーについて、クリーニング店が受け付けを拒否するケースが相次いでいる。なぜか。

 「剥離(はくり)等の事故が起きた場合の責任は負えません」。愛知県津島市の「太陽舎クリーニング店」では昨年11月から、一部メーカーの圧着式ダウンを受け付ける際、こんな趣旨の同意書にサインを求め始めた。同店の辻村卓也さん(43)は「樹脂の劣化が原因なので、いくら気をつけて洗っても剥離は防げない。でも実際に剥離すれば、お客様から『洗い方が悪い』とお叱りを受ける」。

 同意を求めているもののひとつが、ユニクロが2015年に発売した「シームレスダウン」だ。軽くて暖かい上に、縫い目が少ないため羽毛がふき出さず、雨もしみこみにくいのがセールスポイントだ。同様のダウンは他社が既に売り出していたが、ユニクロは1万円台と手頃な価格で人気を集めている。だが、同社によると、圧着に使われるポリウレタン樹脂は、空気中の水分や紫外線などと反応して、経年劣化が避けられない。新品のまま保管しても3年ほどで、剥離やべたつきなどの問題が生じるため、ラベルにも明記してきた。

 クリーニング業界紙「全ドラ」編集長の中沢孝治さん(47)は、~(略)~
 
続きはソースで↓
http://news.livedoor.com/article/detail/15991440/

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする