【悲報】校長、女児への虐待に気付かなかった

1 :名無しの公務員 2019/01/31(木)19:17:16 ID:qTG

 千葉県野田市で小学4年の女児が死亡し、父親が傷害容疑で逮捕された事件で、死亡した栗原心愛(みあ)さん(10)が
2017年8月に千葉県野田市に引っ越す前月、心愛さんの親族が、一家が当時住んでいた沖縄県糸満市に対し、「(心愛
さんが)父親から恫喝(どうかつ)を受けている」と相談していたことが、市への取材で分かった。市は「虐待を確認できな
かった」として、野田市に相談内容について伝えていなかった。

 糸満市によると、心愛さんの母親の親族が市役所を訪れ、心愛さんが父親の栗原勇一郎容疑者から恫喝を受けていること
などを相談。市は家庭訪問をしようとしたが、栗原容疑者から「実家の千葉に行く準備をしている」などと断られたという。

 親族は同時に、母親に対する栗原容疑者の家庭内暴力(DV)についても相談。市は野田市に「結婚後、夫が支配的」と
いった情報は提供したが、心愛さんへの恫喝に関しては伝えていなかった。糸満市は「心愛さんが通っていた小学校を通じ
て調査したが、虐待を確認できなかったため」と説明している。

 一方、心愛さんが通学していた糸満市の小学校の元同級生は読売新聞の取材に、「お父さんが心愛ちゃんをたたいている
のを見たことがある。体育の着替えの時に体にいっぱいアザがあるのを見た」と証言。別の元同級生は「学校のアンケート
に『お父さんから暴力を受けている』と書いていた」と話した。これに対し、同小の校長は「身体測定でアザなどは確認で
きなかった。暴力を訴えたとも聞いていない。当時のアンケートは残っていない」としている。

1/31(木) 18:20
読売新聞

2 :名無しの公務員 2019/01/31(木)19:17:28 ID:qTG

校長界の恥さらしが

引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548929836/

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする